Top > 棒グラフ > 棒グラフなどについて

棒グラフなどについて

勉強をしました。量の変化を表す棒グラフ、仕事の流れを示すフローチャート、時間の流れを示す年表、そしてわたしたちの住んでいる場所を示す地図などを総称して、ダイヤグラムとよびます。言葉だけでは伝えにくい情報を、写真やイラストレーションより正確に表現するデザインです。数値データや、抽象的な概念や空間などを視覚化することによって、あるものの量・サイズ・関係などを分かりやすく見せることができます。国際的な絵言葉のシステムで、文字を介さずに情報を伝えようとするためのシンボルのことを、ピクトグラムとよびます。コンピュータの画面で、使い方のガイドの役目を果たしている小さなアイコンもピクトグラムとよばれます。記号・合図・信号、身振り、標識、そしてなにかの前兆などをサインといいます。企業のデザイン活動では、公共的な空間において、人々を間違いなく目的の場所に誘導するためのデザインシステムや、商業施設の案内板や看板などの標示物をサインとよんでいます。デザインから仕上げまでの複製の工程を見てみましょう。商業デザインは、ディスプレーデザインの施工をのぞいて、そのほとんどが印刷を通して再現されます。それは印刷用紙の決定から原稿制作・製版・刷版・印刷・仕上げ(製本)といった工程を通ります。

女性のひげ脱毛方法

棒グラフ

関連エントリー
棒グラフなどについて